国宝 タグ

比叡山へ

ツレが比叡山行ったことがないというので、先ずは根本中堂を目指すことにします。
今夜宿泊予定のホテルの駅前系列店に荷物を託して、京都駅烏丸口バスターミナル「C6乗り場」から「9:30発」「京阪バス57系統 比叡山頂行き」に乗車します。
所要時間約80分 料金790円。いわゆる山中越えです。北白川別当の交差点を右に折れてから比叡山ドライブウェイまでは狭く曲がりくねった山道が続いて、途中対向車とすれ違えない箇所も多数。バスのドライバーさんのテクニックに改めて敬意を表します。

京都駅を出発して間もなく窓の外は冷たい雨模様へ。
そして、比叡山ドライブウェイに入って標高もかなり上ってきたところで、お彼岸の冷たい雨は横殴りの雪へと変わってきました。
…傘持ってくるの忘れた。…無理して春っぽい恰好し来るんじゃなかった。と、後悔しきり。

夢が丘展望台付近。眼下に琵琶湖を望む。

さほど日頃良い行いをしている覚えはないのだけれど、目的地「延暦寺バスセンター」バス停に着くと、どうしたことか吹雪は瞬く間に止んで陽が差して来るという幸運。これはもう伝教大師様のご加護と思うしかないでしょう。

国宝根本中堂は2016年から約10年に及ぶ60年ぶりの大改修中です。お堂はすっぽり改修用の建屋に覆われて外観は全く見ることができません。この日内部を見学できたのはお堂の僅かな空間(内陣、中陣、外陣)のみ。その代わりと言ってはなんですが、改修の様子をうかがえる3階建ての立派な回廊(ステージ)が設けてあります。滅多に見られない大改修を見られる絶好の機会と思われる向きもありますが、改修の様子に特に興味がなければ、今根本中堂行かれることはお勧めしません。

比叡山延暦寺は、そのはじまりである根本中堂のある東塔(とうどう)と最澄上人の御廟所がある西塔(さいとう)、慈覚大師円仁ゆかりの横川(よかわ)の3エリアから構成され。いうなれば比叡山という山全体が延暦寺といってしまってもいいのかもしれません。
今回も急ぎ旅なので、これで山を下りますが、いつか丹念に各エリアを巡ってみたいものです。四国のお遍路さんよりこっちが先かな。

延暦寺バスセンターから比叡山山頂バス停下車、徒歩6分でロープ比叡駅からロープウェイ、ケーブル比叡駅でケーブルカー、八瀬比叡山口駅で叡山電鉄を乗り継いで出町柳を目指します。

ケーブル比叡駅にはこんな素敵なモニュメントが。

2022.03.20(1/2日目)

世界遺産 醍醐寺

9時過ぎにホテルをチェックアウト。荷物を八条口のコインロッカーに預け徒歩数分。
アバンティ―横、竹田街道沿いの京阪バスH4乗り場から10:18発醍醐寺行きに乗車します。
バスに揺られて約30分、280円という格安料金で世界遺産醍醐寺まで連れて行ってくれます。乗客は約10名ほどで途中ほぼ乗り降りなし。京阪バスさんにはなんか申し訳ない気持ちになってしまう。

この時期醍醐寺三宝院は「京の冬の旅」企画の期間中で、本尊の弥勒菩薩や天下のの三名棚と称される醍醐棚等々、普段非公開の寺宝を見ることができました。また、秀吉が手掛けた三宝院庭園も普段は見られない角度からゆったりと堪能させていただきました。
その他時間の関係で、金堂、五重塔を足早に拝見しただけで再び京阪バスで京都駅に引き返すことになりましたが、なにしろ醍醐寺は10万点以上の文化財、そのうち7万5千点以上の国宝とを有する大寺、本来なら一日ゆっくり腰を据えて見て回る覚悟で来るべきところなのでしょうね。それと是非桜の季節に来たいものです。

ポルタの杵屋でカレーうどんのランチを済ませ、いつもの551と志津屋のカルネを大人買いして帰路につきます。

15:24発 のぞみ30号 17:29品川着

2022.01.10(2/2日目)

三宝院庭園


国宝 勅使門


京都最古の木造建築物 国宝 五重塔

国宝 金堂


釈迦堂とおあげさん

結局、清凉寺(嵯峨釈迦堂)まで歩いてしまいました。
2日目嵯峨に来たのは、「森嘉」の油揚げを是非とも買って帰るというツレの希望。
清凉寺の霊宝館も特別公開中ということで、折角なので阿弥陀三尊(国宝)にも再会させていただくことにします。
何度見ても心震えます。しかもこんな間近で。

重いのでお豆腐は1丁だけ(以前5丁買って持って帰るのに苦労した)、お揚げを5枚買ってタクシーで嵯峨嵐山駅方面へ向かいます。
途中、お昼も近かったので天龍寺前で降ろしてもらい、一年前ふらっと入ったお好み焼き「なるせ」へ再び。
たぶん一年前と同じもの(焼きそばミックス、お好み焼きミックス)を頼んで、同じものを飲む(生中~レモンサワー、ウーロン茶)。
先客の二組の修学旅行の中学生、お店の人への言葉遣いやマナーもとてもよくて。ツレと顔を見合わせてまたも「ほっこり」する。

JR嵯峨嵐山から乗車。
14:24分 のぞみ18号 東京行き
次はいつ戻ってこれるかな。。。

2021.10.17(2/2日目)


これは、5年前の写真

退蔵院

荷物をロッカーに預けて、JR山陰線ホームに直行します。
いつもなら嵯峨嵐山まで行きつくところ、「花園」で途中下車。
丸太町通りを渡って、北東に数分歩くと臨済宗大本山妙心寺の大伽藍が広がります。
南総門をくぐり数十メートル、三門のすぐ西側に、最初の目的地の塔頭「退蔵院」がいつもWelcomeの状態で門を開いてくれています。
「元信の庭」「瓢鮎図」「余香苑」等見どころは盛りだくさん。ゆったりと拝観できる穴場かもしれません。

2020.09.20(1/2日目)


国宝 瓢鮎図(ひょうねんず)如拙 筆(山水画の始祖といわれる)


中根金作 設計の 余香苑(よこうえん)

両足院 坐禅体験 ~ 建仁寺

歳を取ると怒りっぽくなる。これは残念ながら最近とみに受け入れざるを得ない事実。
日頃「心穏やかに、心穏やかに」と繰り返すのが常。
一度やってみたかった坐禅(体験)、京都五山第3位 建仁寺の塔頭 両足院にて今回ようやく実現しました。
若くて超イケメンのお坊様(この時点ですでに煩悩だらけ)が優しくご指導くださいます。
https://ryosokuin.com/zazen/
なんとなく晴れ晴れとした心持になって後、寺内を見学するなり、お庭を見ながら瞑想するなりできます。

両足院のある建仁寺は祇園花見小路の南のドンツキ。
そもそもこの花見小路界隈はほとんど建仁寺の寺域だったはず。
時間調整にちょっと境内をぶらっとしたり、八坂通りへの通り抜けに使ったりはしていたけれど、きちんと拝観させていただいたのは今回が初めてのような気がします。
寺格からすれば当然のことなのですが、立派の一言です。今までちゃんとお参りしなかったことを激しく後悔しました。

※撮影制限もわりとおおらかです。

2020.07.14(3/3日目)


両足院


両足院 閼伽井庭


建仁寺 方丈前庭園


建仁寺 法堂 双龍図 小泉淳作 筆


雲竜図 海北友松 筆


風神雷神図屏風 俵屋宗達 筆


カテゴリー

タグクラウド

駅弁 祇園 国宝 東山 臨済宗 花街 京料理 嵯峨嵐山 菓子 真言宗 世界遺産 老舗 天台宗 アルコール 宇治 ラーメン 蕎麦 有頂天家族 ウイスキー 祇園祭 浄土宗 門跡寺院 カフェ うどん 仏像 乗り物 出町 特別公開 お好み焼き 天下一品 懐古趣味 伏見 京都五山 大原 血天井 日蓮宗 ホルモー 岡崎 単立 曹洞宗 おみくじ 障壁画 三重塔

最近の記事

総記事数:240

月別アーカイブ

検 索



外部リンク(1)

外部リンク(2)