京都検定公式サイト

<クリックで停止します>

三味洪庵(さんみこうあん)

そのまま北に上がって鷹峯交差点まで行きたいところだったのだけれど、源光庵が長期改修中(2021年秋拝観再開予定)ということで、折角なので拝観が再開してから伺うことに。

北大路バスターミナルで地下鉄に乗り換えて、少し早いお昼食をとるために岡崎へ向かいます。
東西線東山駅から東へ少しあるいて白川の手前を北へすぐ。お蕎麦屋さんが2件並んでいます。どちらに入ろうか迷ったものの観光客の性、、それっぽく演出された北側の三味洪庵の入口に吸い込まれました。(入口の写真を失念・・)
細挽きセイロそばとかき揚げと太巻きを注文。それぞれ普通に美味いです。とくに太巻きは同行人が絶賛してました。強いて云えば、セイロのそばつゆはやっぱり関東風が好み。まぁ好みの問題。
白川に面したテラス席もあって、とても雰囲気のいい蕎麦屋さんです。

2019.09.15


[ 歩く人 ]

山元麺蔵

朝、10時半頃店の前で受け取った予約カードは12時45分の来店時間。
時間通りに行くと約5分ほどで席に案内され、事前に注文してあったものが届くのにそう待つこともない。お客のあしらいというか効率というか、よく考えてるなーとそっちの方に感心しきり。店員さんも皆感じよくて好印象。
本来ならざるうどんと行きたかったのだけれど、桜の時期にしては結構寒い日だったので、温かいうどんと土ごぼうのてんぷら。相方はカレーうどん。
カレー塩をちょんちょんと付けていただく土ごぼうのてんぷらは絶品。いわゆるごぼう臭さもなく、太めのカットながら繊維もさくっと噛み切れて食感もよく大変美味しい。
是非また来たいお店です。

2019.03.31

190405yamamotomenzo01 190405yamamotomenzo02 190405yamamotomenzo03 190405yamamotomenzo04


[ 歩く人 ]

そば処 司津屋

出町桝形商店街を西へ抜けて突き当り、去年の夏偶然入って食べた玉子丼の味が忘れられず待望のリピートです。
森見登見彦原作アニメ「有頂天家族」の聖地というだけあって、前回にはなかった少しだけ奇抜な変わりようにちょっと躊躇するも、、納得。。

2018.10.07

いきなりペッパー君に迎えられてビックリ!(ペッパー君という名前がなかなか出てこなかった・・)
一人(一体)でずっとぶつぶつしゃべってるけど、それはそれでお店のBGMだと思えば気にならない。
でも、唐突に横目で睨むのはやめてね。。
1810shizuya04

注文はタブレット!
操作が苦手そうなお客さんには店員さんが口頭で注文きいてくれます。
1810shizuya03

夢にまで見た玉子丼!
また、絶対戻って来ると心に誓う。
1810shizuya01

おろしそば
1810shizuya02


[ 歩く人 ]

祇園 権兵衛 2

相方がどうしてももう一度食べたいというので、、
隣のおでん屋さんの開店を待っていた地元と思しきご婦人二人連れが、「普通のおうどんで、普通のお出汁やのに何でこない並んではるのかわからへん・・・」てな会話を聞きながら、、開店15分前に並びます。

今回は、甘くない方のきつねうどん(きざみ)をいただきました。

2018.04.30

1805gonbee2

今回の甘くないきつね
1805gonbee

前回の甘いきつね(こっちの方が好きかも)
1804gonbe02


[ 歩く人 ]

本家尾張屋本店

‎創業五百五十余年。一度行っとかないとと思ってたお店です。
今回ホテルがこの近くだったので、チェックインの時間に合わせて少し遅めの昼食に選びました。
京阪宇治から三条京阪、東西線に乗り換えて烏丸御池。午後2時少し前、1番出口を出て悠長に車屋町通りを上がっていくとこの状態。
まぁ予想はしていたので、躊躇なく最後尾にならびます。
で、ちょっとした違和感・・・並んでいる方のほぼ8割が外国の方。。
おそらく主だったガイドブックにドカンと載ってしまっているんだろうなぁと勝手に納得。
回転は悪くなさそうなので、20分くらいで席に案内していただけました。

2018.04.29

1805owariya05

お店のメインと思しき「宝来そば」
※4段のおそば、錦糸玉子、海老天、椎茸、大根おろし、海苔、ネギ
※お盆奥は、蕎麦湯と桜の塩漬けの入った茶碗
1805owariya02

具をのせて、お盆手前のお出汁(おつゆ)をかけていただきます。
1805owariya03

親子丼(相方の分)
1805owariya04

1805owariya01


[ 歩く人 ]