嵯峨 タグ

嵐山嵯峨 ~ 車折(くるまざき)神社

嵐山嵯峨は結構な人出。
竹林の感じをちょっと確認して、嵐電にて3駅目車折神社へ向かいます。

ホームの目の前、車折神社の北の鳥居が迎えてくれます。
京都随一のパワースポットだそうで、境内社の芸能神社は結構な頻度でメディアに露出してます。
嵐山で毎年5月に平安絵巻さながらに催される雅な「三船祭」は車折神社の例祭です。

2020.09.20(1/2日目)

お好み焼き なるせ

「花園」から再びJR山陰線に乗り「嵯峨嵐山」へ。
さて、昼食です。今回はどうしてもお好み焼きが食べたかった。
天龍寺へ突き当たるすぐ手前。たぶん10年位前に立ち寄っているはずなんだけど、ほぼ思い出せず。
こういう無骨なやつがウマイ!

2020.09.20(1/2日目)

嵐山 嵯峨 トロッコ

さて、昼食はどこでと、、再び阪急で雨の嵐山へ。
涼しいし、湯豆腐で熱燗なんかもいいんじゃない!?と、話もまとまり、一度行ってみたかった宝厳院近くの「湯豆腐嵯峨野」へとむかいます。
そぼ降る雨の中、車も人も通らない渡月橋をおっさん二人が向こう岸へとぼとぼと渡る姿はあまり想像したくない景色に外ならず、、

・・・このご時世で休業中でした。「湯豆腐嵯峨野」
湯豆腐の口になっていたので、渡月橋近くまで戻って「豆腐料理松ヶ枝」さんにて湯豆腐と熱燗にありついてほっと一息。

その後、竹林はどんなだろうかとか、うろついていると、トロッコ嵐山駅から威勢のいい呼び込み(案内)の声が。
雨の中歩くのも疲れたし、どのみちJR嵯峨嵐山駅まで戻るつもりだったので、トロッコに乗って亀岡経由(?)で戻ることに しました。

2020.07.13(3/2日目)


豆腐料理松ヶ枝 この市松模様のやつTVとかで何度か見たことあります。


亀岡行 トロッコ列車


折り返して 嵯峨嵐山行

祇王寺

萌え出づるも枯るるも同じ野辺の草
いづれか秋にあはではつべき        祇王(平家物語)

遠い昔、この歌を冒頭に置いた短い手紙をもらったことがあります。
その時からここ祇王寺はなんとなく特別な存在なのです。

静寂の中、小さな庵とそれに見合った手入れの行き届いた苔の庭は、
ひたすら穏やかに安らかに心に作用します。

2019.09.16(2/2日目)

吉野窓

左の宝筐印塔が祇王、祇女、母刀自の墓 右の五輪塔は清盛公の供養塔

真言宗大覚寺派

常寂光寺

奥嵯峨の代表的な古刹です。
多くの人があの竹林の喧騒を抜けてきて、ここまで来ないのはウソです。
寺域も広く見どころも多いので、心穏やかにゆっくり見たいとてもいいお寺です。

2019.09.16(2/2日目)


カテゴリー

タグクラウド

東山 国宝 祇園 臨済宗 駅弁 花街 京料理 菓子 真言宗 嵯峨 世界遺産 天台宗 老舗 ラーメン 宇治 アルコール ウイスキー 浄土宗 門跡寺院 蕎麦 有頂天家族 乗り物 うどん 仏像 カフェ お好み焼き 京都五山 祇園祭 天下一品 懐古趣味 特別公開 出町 岡崎 大原 伏見 単立 血天井 ホルモー パン 曹洞宗 日蓮宗 黄檗宗 鹿ケ谷

最近の記事

総記事数:205

月別アーカイブ

検 索



外部リンク(1)

外部リンク(2)